歯を失ってしまった方へ

「ちゃんと噛める」を復元する。
「使い心地」の調整にこだわる。
インプラントや入れ歯の治療なら、当院へお任せください。

インプラント

歯を失ってしまったときの治療法の中でも、最も審美性が高く、強く噛める機能を取り戻せるのがインプラントです。ただし、一方で口腔外科手術が必要なため、治療が完了するまでに時間がかかり、誰でも治療を受けられるわけではないという特徴もあります。

当院のインプラント治療の特徴

高い技術

当院の院長は、インプラントが現在のように普及する前から、インプラント治療で有名な先生のもとで経験を積み重ねてきており、国内外問わず多くの実習やセミナーにも参加してきました。もちろん実践経験も豊富に持っており、難しい症例にも対応が可能です。

安全性の高い治療

当院は、安全性の高いインプラント治療を行うため、治療前にはCTを使って周囲の歯や歯茎、そして顎の骨の状態を立体画像で調べ、埋め込み手術を行う際は完全滅菌された器具を用いて個室で実施します。さらに、難しい症例においては、インプラントを埋め込む位置・深さ・方向などを予めシミュレーションしてその通りに埋め込むことのできるガイドを作成することもあります。

安心して治療を受けて頂けます

事前のカウンセリングをしっかりと行い、不明な点や不安なことがない状態で治療を始めるようにしています。また、ご希望される方には静脈鎮静法を用いて、恐怖感や緊張感がない状態で手術を受けて頂くこともできます。

他院で断られた方にも対応

骨が足りなくてインプラント治療が受けられない患者さんに対しては、骨を作って足していく特別な治療を行っています。他院で断られた方も、この方法でインプラントが実施可能になることがありますので、ご相談にいらして頂ければと思います。

入れ歯

入れ歯には様々な種類があり、保険で作製できるものから、自費で目立たない入れ歯や違和が少ない入れ歯をお作りさせて頂くことも可能です。

ノンクラスプデンチャー

従来の入れ歯には金属のバネがついているため、お口を開けたときに入れ歯をしていることが周囲の人に分かってしまうというデメリットがありました。ノンクラスプデンチャーはバネがついていないためお口を開けても目立たないのはもちろん、柔らかい素材でできていますので違和感も緩和されます。

金属床デンチャー

入れ歯の土台の部分を床(しょう)と言いますが、金属で床を作ることによって、薄くて丈夫な入れ歯に仕上げることができます。薄い分、お口の中の違和感は少なくなり、耐久性があるため長くお使い頂けます。また、金属は熱を通しやすいため、お食事や飲み物の温度も楽しんで頂けるという特徴もあります。

多少の期間をかけてでも、納得いくまで調整させて頂きます。

患者さんの顎やお口の形は一人ひとり異なるため、しっかりと噛める入れ歯を作るのは簡単なことではありません。当院では、まず型取りの段階で患者さんの顎の形に合ったものを使用することで製作精度を高め、さらに出来上がった後は正しい位置で正しい噛み方ができるようになるまで、入れ歯の調整と患者さんのトレーニングを続けさせて頂きます。入れ歯は本来、作ってそれをそのまま使うというものではなく「オーラルリハビリテーション」と言って様子を見ながら期間をかけて調整をしていくものです。当院でも、できるだけ良い入れ歯製作をさせて頂き、さらにその後の調整にもしっかりと力を入れて行っていくようにしています。

ブリッジ

ブリッジは、歯を失ったときに、両側に残っている健康な歯を支えにして人工歯を取りつける治療方法です。入れ歯と比べて強い力で噛めるという特徴がありますが、治療をするために健康な歯を削らなければならないというのが最大のデメリットです。支えにする歯に既に被せ物が入っている場合は、それを外してブリッジを取りつけることができますが、そうでない場合は、本当に健康な歯を犠牲にしてブリッジ治療を選択されるのか、患者さんとよく相談して決めていくようにしています。

contact.png
contact_sp.png