2016.08.10更新

 

こんにちは!


ちば歯科では一般歯科、小児歯科ほか、矯正治療も行っております。


矯正治療とはただ単に歯並びをキレイにするだけではありません。
歯並びをよくすることで、虫歯や歯周病、顎関節症など様々な歯の健康を守ることができます。
なお、矯正治療は年齢や歯の状態により治療方法が異なることもあります。


当院では毎月第4土曜日に矯正治療のお時間を取らせていただいております。
費用や治療方法などご相談のある方は無料相談も行っておりますのでお気軽にお電話ください。


さて誠に勝手ではございますが、8/10〜8/17まで夏季休暇とさせて頂きます。
18日から通常診療となりますのでよろしくお願い致します。


まだまだ暑い日は続きますが体調管理には気をつけて下さいねflower2

、

2016.07.26更新

みなさんこんにちは〜! 

先日ちば歯科に、元スタッフさんたちが出産後にお子さんを連れてクリーニングに来てくれましたnote2

みんなでパシャり

いっきに診療室が明るくなりましたgya

ベビーカーも入る広さの診療室なので、子育て中のママさんももちろん大丈夫ですよglitter

また定期検診でお待ちしてま〜すtooth

2016.07.05更新

7月になりましたね!!

先日、葉山までお出掛けをして今年初のかき氷を食べてきましたgya

葉山の『日の出園』というお茶屋さんのかき氷で、ここはほうじ茶のかき氷が人気だそうです。

迷わずほうじ茶金時ミルクを注文しました~note2

かき氷

濃厚なほうじ茶のシロップにバニラアイスとあずきがたまらなく美味しかったですglitter3

他にも定番の宇治金時や紅茶のかき氷もありました。

 

これから梅雨が明ければ夏本番!

さらに暑い日が続くので冷たいものもたくさん食べたくなりますよねglitter3

そんなとき歯がしみて食べられない…汗なんてお困りの方もいるのではないでしょうか?

歯がしみる原因は虫歯だけでなく知覚過敏やその他さまざまな原因が考えられます。

治療をすれば治すことができるのでお悩みの方一度検査してみてはいかがですか?

今年の夏は冷たいものを美味しくいただきたいですねihi

2016.06.13更新

梅雨の季節になり、湿気でジメジメした日が多くなってきましたね。

先日天気が良かったので、鎌倉の長谷寺に行ってきました☆

平日にも関わらず、海外からの観光客も多く賑わっていました。 この時期の長谷寺は紫陽花が見頃で、週末は整理券が配られるほどだそうです!

紫陽花

本堂に登る途中には、小さい和み地蔵がいます。この笑顔に癒されますね(^^)

photo

本堂横の見晴台では、由比ヶ浜が一望出来ます!

景色

このときは開花が全体の4割くらいでしたが、色とりどりの紫陽花は十分キレイでした♪

季節の風物詩を楽しめるのでオススメです!

日々の疲れを癒しにちょっと足を運んでみてはいかがですか(*´∇`)

2016.05.31更新

”歯周病″って聞いたことありますか?

歯周病は歯の周りの骨が溶け、最終的には歯が抜けてしまう病気です。

silent disease(沈黙の病気)とも言われ、症状のないまま病状が進行してしまう怖い病気です。

歯茎の痛みや歯の揺れが出てご自身で気づくころには重症になっていることが多いのです。

ではその原因はなんでしょうか。

歯周病の原因は歯の表面、また歯の根の深くにこびりついている歯石が原因です。

歯石はプラークと唾液と血液からつくられます。歯石は歯周病原細菌の住みかとなり、歯石が付くと歯周病が悪化しやすくなります。

ご自身のお口の中を鏡で見たことがありますか?

歯茎が赤く腫れていませんか?

歯ブラシをするとよく出血しませんか?

 

歯ブラシの時によく右上の歯茎から出血するということを主訴に来院された患者様です。

歯周病

歯茎が赤く腫れあがり歯石がたくさんついているのがわかります。

 

歯周病 

歯周病治療をした後です。

歯茎の赤黒さが消え、引き締まっているのがわかります。歯ブラシ時の出血もなくなりました。

歯が健康でも歯が抜けてしまうのが歯周病です。手遅れになる前に一度検査されてみてはいかがでしょうか。

 

2016.05.16更新

先日20代の患者さんのインプラント治療が終了しました。

 

数か月前、かぶせものが入っていた歯が割れてしまい、やむをえず抜歯となりました。

抜歯した後、どのような方法で治療するか決める際、患者さんは迷わずインプラント治療を選ばれました。

「健康な歯をけずりたくない、かつ、この先もずっと自分の歯のように咬みたい」との理由でした。

 

before(前から5番目の歯が抜歯となりました)

 ビフォー

 

after

アフター

一般的に、歯を失ってしまった場合の方法にはインプラント、ブリッジ、入れ歯の3つの方法があります。

インプラントは外科処置が必要であったり、治療期間が長くなる点、そして自由診療であるという点で敬遠されることも多いです。

しかし、その中でインプラントは、ブリッジや入れ歯と違い、歯を削ったり、バネをかけることで、他の歯へ負担をかけることがない唯一の方法です。

 

治療方法を選択する際は「長期的なお口の健康」を十分に考えたうえで、しっかり検討されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.04.27更新

 

 

こんにちは!

外はすっかり春めいて日中暖かい日が続いてますね。

まだまだ夜は冷えますので皆さんも体調管理には十分に気をつけてくださいね。

 

先日、ちば歯科診療室のスタッフの歓迎会を行いました。

なんと4月から3人も新しい仲間が増え、活気増し増しのちば歯科診療室でございます!

 

あ

 

仕事では見えない一面もたくさん発見でき、みんなでわいわいたくさんコミュニケーションが取れた会になったと思います。

最初は緊張気味の3人でしたが、美味しいお肉に自然と笑顔が溢れていましたo(^▽^)oよかったですね!

 

ゴールデンウィークは祝日の28日、3日、4日、5日がお休みとなっておりますのでクリーニングや治療希望の方は早めのご予約をお待ちしております(*^o^*)

 

2016.04.12更新

こんにちは〜flower2

気温も上がり季節はすっかり春ですね〜♪

みなさん今年はお花見行きましたか?nico

桜のトンネル
瀬谷の海軍道路の桜のトンネル

ちば歯科のある三ツ境のお隣、瀬谷には海軍道路という環状4号線沿いに桜のトンネルがあるんですglitter
あいにくのお天気でちょっと画像が暗いのですが、

横からみるとこんな感じに見えるんですよ〜


海軍道路桜並木

瀬谷 海軍道路の桜並木

今年はお花見出来なかったなぁ…って方も、海軍道路の桜並木を見たことがない方も、ぜひ来年見に行ってみてはいかがでしょうかihi

2016.04.05更新

歯医者さんに行って、被せものを選んだ経験のある方も多いと思います。

特に前歯は上下に限らずよく見えますので、綺麗なものを入れたいと思うことが多いと思います。

一言に被せものといってもその種類が多く、お値段も様々です。

 

現在、最も主流になってきているのがジルコニアという素材です。

以前はメタルセラミックという被せものが主流でしたが、経年的に歯茎が黒ずんできたり、光を通さない素材ですのでやや暗くなりやすいです。

 

実際のお写真を見てみましょう。

 

ジルコニア

どの歯が被せものかわかりますか?

 

もともとの歯は下のお写真の状態でした。

初診

上の左右の一番前の歯をジルコニアで被せ直しています。

ホワイトニングもして歯の色も白くなりました。

印象がガラッと変わりますね。

 

もし前歯の見た目で気になっている方は相談されてみてはいかがでしょうか。

 

2016.03.16更新

小さなお子さまの育児に奮闘中のお父さん、お母さん。

子どもはいったいいくつになったら歯医者さんで診てもらった方がいいのだろう・・・

と、ふと疑問に思ったことはありませんか?

その疑問にお答えしましょう。

お子さまが1歳の誕生日を迎えたらぜひ一度、歯医者さんにいくことをおすすめします。

1歳にもなれば小さな前歯がはえてきていますよね。

どうやって磨いたらいいんだろう?これで正しいのかな?虫歯にならないか心配・・・と不安になっていませんか。

安心してください!!

虫歯になんてさせません。秘密兵器があるんです!!

その名もチェックアップジェル

                  チェックアップ

フッ素が配合されていますので虫歯になりにくくなります。

うがいの必要もありませんのでうがいのできない小さなお子さまにも安心です。

歯医者さんでできる虫歯の予防にはまだまだ秘密兵器がありますよ。

 

虫歯の予防はできるだけ低年齢から、虫歯のない段階からはじめましょう。

1歳半~3歳までは虫歯ができやすい時期でもあります。

一番身近でお子さまの歯を守ってあげられるのはお父さん、お母さんなのです。

もちろん私たちスタッフ一同もお子さまの歯を守ることに協力させていただきます。

前へ 前へ
contact.png
contact_sp.png