2017.08.01更新

つい先日、上の前歯の被せ物が折れてしまったという患者さんがいらっしゃいました。

また、上の前歯には隙間があいていて見た目も気にされていたのです。

 初診

 

日本と海外を行き来している方で、決められた期日内での治療を希望されたのです。

その期間はわずか3週間。

 

見た目と強度が最も優れている素材は?との質問に、自信をもってジルコニアをお勧めしました。

患者さんの要求・満足度を満たせるものでジルコニアに勝るものはないからです。

 

一言に被せ物をやりかえるといっても、その工程は単純ではありません。

 

まずは、適合の悪い被せ物が既に入っている場合、最終的な被せ物をイメージし、仮の歯を入れます。

 

歯の周りには歯周組織があります。歯肉が腫れている状態ではきれいに被せ物が入れられないため、歯周病治療・適切なブラッシング指導とセルフケアが必要となります。

 

また被せ物の中にある歯、専門的に支台歯といいますが、支台歯が健全な状態でなければ被せ物は入れられません。場合によっては根管治療(歯の内部の治療)が必要になります。

 

状況によっては1本の被せ物を入れるだけで1ヶ月以上かかることもよくあります。

初診時にレントゲンを撮らせていただき、治療計画を立てていきます

 

本ケースでは、支台歯の状態は健全で、歯肉にも大きな問題はありませんでした。

最終補綴物の完成日をまず設定し、治療計画を逆算していきます。

 

初診時にレントゲンを撮り、仮の歯を作るための歯型を採りました。

初診から1週間でまず仮の歯を入れました。

仮の歯

支台歯を被せ物が入るよう最終形成までしています。

 

その3日後、支台歯の痛み、歯肉の状態を確認しシリコン印象材で型取りし

1週間後に完成一歩手前で試適をしました。

作っていただいている技工士さんに立ち会ってもらい、適合、歯の形態を最終確認します。

 試適

 

その3日後に完成です。

歯の隙間(ブラックトライアングル)は改善し、患者さんは非常に満足されていました。

 完成

 

予定通り、初診から3週間で終えることができました。

 

「日本に帰国した際にまた来るからその時お願いね」

 私がした仕事に対し満足していただけることが、何よりの幸せだと感じた瞬間でした。

 

歯科医師 木村

2017.06.10更新

 

 

2017年も半年経ちました!

ほんとに毎日毎日が早くてあっという間に

6月になりました!とても暑い日が多くなってきて

夏が近づいてきています\(^^)/

 

この前のお休みで群馬県にさくらんぼ狩りに

行ってきました!!

今年は熟すのが遅いみたいで赤くなってるのが

少なかったのですがたくさんのさくらんぼを

食べました!!!

とても美味しかったです♪

 

さくらんぼ

 

2017.05.23更新

ちば歯科診療櫃の千葉です。

当院は、2017年3月より「医療法人社団 美幸会 ちば歯科診療室」となりました。

法人名の由来は、深い意味はなく両親の字をとって決めたものです。

 

「自分がされて嫌なことを人にするな」

「若いうちは楽な道より、厳しい道を選べ」

「一生勉強」

以上のことは、小さいときに親から言われたことで今でも心に残っているものであり、今の仕事をするうえで心がけているものです。

 

そして先日、父と食事をする機会があり、上記のものに一つ追加されました。

「夢をもって仕事をしろ」

 

夢と目標をもって、今後も患者さん一人一人に最良の治療を行えるような、病院づくりをしていきたいと思います。

美幸会

 

 

 

 

 

 

2017.04.10更新

こんにちは(^^)

最近は暖かい日が続き瀬谷の桜も咲き始めいよいよ春到来ですね

ちば歯科診療室は3月14日より『医療法人 美幸会 ちば歯科診療室』となりました

法人化をお祝いし先日スタッフのみんなでお食事に行ってきました

今年度もより一層パワーアップしていくちば歯科診療室をよろしくお願いします

スカイビル

2017.03.21更新

 

 

こんにちは!

三連休終わってしまいましたが

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

 

私は歯科衛生士向けのインプラントセミナーに

行かせて頂きました!

インプラントを専門に行っている先生がお話

して下さいました!

 

歯が無くなってしまった所は基本的に

入れ歯かブリッジかインプラントで補います。

全てにメリットとデメリットがりますが、

インプラントは長持ちしますし、成功率も高いです。

あくまで治療が全て終わってもメインテナンスとして

検診に起こしいただく事、注意事項を必ず守って

頂く必要があります!!

 

当院でもインプラントを行っております!

治療法がわからない方でも先生がわかりやすく

説明して下さいます。相談も受付けておりますので

是非足を運んでくださいヽ(。・ω・。)ノ

 

 

 

 

 

インプラント

2017.02.20更新

こんにちは!
2月も中旬となりましたがまたまだ寒さが身にしみますね。

先日日帰りで伊豆に行ってきました!
風はまだ肌寒かったですが天気が良くぽかぽかしていたので車も人もたくさん、、、

河津町の河津桜が満開でしたflower2
お祭り期間中だった為屋台も多く、たくんの人で賑わっていました。

、


河津桜まつりは3月10日までやっているようなのでみなさん是非足を運んで見て下さい!
瀬谷の桜が咲くのもとても楽しみですねnote2

2017.02.06更新

先日上野で二日間に渡り“ヨシダCTユーザーミーティング”という講習会に参加してきました。

 

講習会

 

今現在、全国に何件の歯科医院があるかご存知ですか?

町を歩いているとコンビニを目にすることが多くあると思います。

たくさんあって何かと便利ですよね。それでも全国にコンビニはおよそ55,000件。

なんと歯科医院は68,000件もあり、コンビニよりも多いのです。

 

それぞれの歯科医院には特色があり得意なことも異なります。

歯の根の治療であったり、インプラントであったり、予防、矯正や小児歯科であったり、同じお口の中の歯の治療でも専門性が違うこともあります。

 

今回の講習会では多岐にわたるその専門の先生から、今の歯科界のトピックを聴いてきました。以前にも紹介しましたが、虫歯で歯の神経を取ってしまうと歯は弱ってしまいます。ですが、近い将来、歯の神経を取ることなく再生できる時代が来るかもしれません。わくわくしますね。

 

学術的な話はさておき、何よりも大切なのは最初の診断であり、診断が不確かなものであれば患者様にとって最高の結果をもたらすことはできません。

患者様からよくお話を聞いて、直接目で視て、手指で触って、レントゲンを読影し、必要であれば歯科用CTも撮影させていただき、その結果を納得いただけるまで説明します。

 

“インフォームドコンセント”とは、医師から患者様に一方的に説明し同意をいただくことではありません。お口の中の現状をしっかり把握していただいたうえで、治療方針や治療内容を理解していただき、患者様のご要望とすり合わせ、納得してもらって初めて成り立つものです。理解・納得あっての同意となります。

 

多くの先生方の講演を聴いて改めてその臨床姿勢の大切さを痛感しました。

患者様が安心して治療を任せられるよう、スタッフ一同、時代に取り残されることなく日々研鑽していきたいと思います。

 

「口は命の入り口」です。上記に示した通り、多岐にわたる専門性が必要ですが、当院では包括的な治療を行っています。何かお困りのことがあれば気軽にご連絡くださいね。

2017.01.17更新

あけましておめでとうございますbird

皆さま、本年もよろしくお願い致しますm(__)m

今年は書き初めに挑戦してみました!下手ですねぇ…書き初め

ずっとお付き合いしていく大切な歯を、定期検診を受けて守って行きましょうねnico

 

 

2016.12.12更新

上顎の奥歯は、インプラントに必要な量の骨が足りないことがしばしばあります。(40%以上)

その場合は、骨を増大する手術の併用が必要となります。

上顎洞挙動術(サイナスリフト)と呼ばれ、難易度の高い手術です。

先日、サイナスリフトを併用したインプラント手術を行いましたのでご紹介します。

左上の2本が欠損しています。(写真では右手に見える赤丸の部分)

<術前レントゲン>

術前パノ

 

 

CT画像(インプラント予定部位の断面図)

術前CT

白い骨で囲まれている黒い部分が、上顎洞と呼ばれる空洞で、骨がない部分です。

必要な長さのインプラントをシュミレーションしましたが、写真のように骨が大きく足りません。

 

<術後レントゲン>

術後パノ

 

CT画像(術前と同じ場所の断面図)

術後CT

 術前CTと比べてみて、埋め込んだインプラントの周りが増骨されているのが、確認できます。

「骨が足りないのでインプラントは難しい。」と言われた方でも、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.12.08更新

歯医者さんに行って虫歯の治療を受けたことのある人は多いのではないでしょうか。

 

「この歯は虫歯が大きいので部分的な詰め物になりますね」

「全部覆うタイプの被せ物になります」

というフレーズも耳に残っていると思います。

 

「詰め物・被せ物」と説明されてどんなものかイメージできますか?

どちらも型取りをします。

そう、あの冷たいグニュッとしたものをお口の中に入れます。

そして次回、歯にセットしたら一連の歯の治療は終わりになります。

 

ただ・・・

「え!?!?!?銀なの…」「やっぱり見た目がちょっと…」という経験がある方も多いと思います。

 

基本的に健康保険内での詰め物・被せ物は全て金属になることを知っていますか?

金属は金属でもプラチナや金などの貴金属ではなく、安価な金属を融合した合金です。

お口は熱いものや冷たいもの、酸っぱいものも食べますよね?この合金はそういったもので劣化、すなわち溶け出し腐っていくのです。

溶け出したものは当然体に吸収され蓄積します。

そして金属アレルギーを発症するのです。

今は金属にとって代わるセラミック治療が主流になってきています。

 

金属の詰め物・被せ物には寿命があることを知っていますか?

 

統計学的な平均使用年数(寿命)

寿命とは再治療が必要になるまでの期間です。

詰め物:5.4年

被せ物:7.1年

神経治療がされている歯:5.8年

 

わずかこれだけの期間で虫歯が再発してしまいます。

 虫歯

 

「悪くなったらまた治療すればいいかな…」

と思っているみなさん!!

歯は治療するたびに弱っていきますよ!!

同じ歯を何度も繰り返し治療はできないのです。

最初が肝心!!

「金属でいいかな…」と簡単に決めず一度立ち止まって考えてみましょう。

今を視るのではなく未来を視て、未来に投資をしてみてはいかがでしょうか。

前へ 前へ
contact.png
contact_sp.png