2023.02.20更新

日中はいくらか寒さは和らぎ、花粉の季節がやって参りました。この時期の歯科受診はとても辛い事と思います。

早速ですが、今回は9歳から11歳の特徴をお話ししていきます。

乳歯のCからE(前歯から3番目〜5番目)が永久歯と交換する時期です。その交換する3本分の乳歯と代わり萌出する永久歯分の大きさを比べると乳歯の方が大きい(幅が広い)形をしています。それは永久歯が配列するのに必要なスペースを確保する為と言われています。
上顎は第一小臼歯(4番目)→犬歯(3番目)→第二小臼歯(5番目)の順番、
下顎では犬歯(3番目)→第一小臼歯(4番目)→第二小臼歯(5番目)の順に交換していきます。個人差はありますので、順番が異なる場合もあります。前もってレントゲンなど撮っておくと永久歯の存在や位置が把握でき有効ですね。
今では乳歯の動揺はあるが中々抜けないと言う小児も増えてきているので、乳歯の下から萌出していきている永久歯が虫歯にならないようブラッシングしていく必要があります。もしくは動揺している乳歯が萌出する永久歯の邪魔をしているようであれば抜歯を検討しましょう。
小学校中学年から高学年になると日常生活はほぼ自分でできる様になり、保護者の仕上げ磨きも卒業していきます。自分で磨く能力が高くなると同時に習い事や塾などを優先される傾向にもあるようで、食事や睡眠時間が不規則になる時期でもあります。そうなると歯ブラシが後回しにされてしまう事もあって虫歯の原因につながります。
保護者の方は日常生活の中で歯ブラシの時間などがしっかり取れているかの確認もしてあげて下さい。

歯ブラシ

歯医者の方では交換期に限らずですが、しっかり歯ブラシができているかの確認やフッ化物の塗布など定期チェックと稀に下顎の第二小臼歯に中心結節(咬合面に生じる突起)が見られる場合があります。中心結節が認められるた時、事前に注意事項などお伝えして双方が把握できている状態が望ましいと思いますので、定期的な検診の受診をお勧めします。

まだまだ厳しい寒さは残っておりますので、お身体にお気をつけ下さい。

歯ブラシ

2023.02.13更新

老若男女問わず、よくご質問されるのがホワイトニングです。

歯の表面の着色や汚れを取るクリーニングと違い、ホワイトニングは歯そのものを白くします。

当院では、これまでマウスピースを作成し、ご自宅で行うホームホワイトニングのみ行っていましたが、先日より、医院で行うオフィスホワイトニングを導入しました。

ホームでもオフィスでも、ホワイトニング効果は得られますが、オフィスホワイトニングでは医院で行うため、施術後すぐに効果を実感することができます。

歯の表面に薬剤を塗り、写真のようにホワイトニング専用の照射器を用い光を当てます。(1度の施術で、10分間の照射を1~3回行います)

 

施術

当院で導入したのは炭酸水素塩配合のホワイトニングでより高い漂白効果が得られ、かつ知覚過敏が起きにくいという特徴があります。

実際の症例をご紹介します。

<40代 男性>

10分間×4回

before

before

after

after

ホワイトニングは、手軽にできる審美歯科です。

ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

contact.png
contact_sp.png