2022.06.20更新

こんにちは。

 

湿気が多く、何だかスッキリしない天気が多いですが、皆さん体調等崩されてないですか?

 

少し前になりますが、当院の待合スペースのレイアウトが少し変わりました。

待合室

今までは、かぶせ物や詰め物の見本が展示されていましたが、当院で販売している歯ブラシや歯みがき粉等を商品の説明文と共に展示させていただいています。

展示されている物以外にも勿論販売しておりますが、購入の際の参考にしていただければと思います!

待合室2

またレイアウト等少しずつ変っていくかもしれません。

お呼びするまでのお時間によろしかったらご覧になってみてください。

2022.06.06更新

梅雨入りの時期となり、また紫陽花が色鮮やかに咲く頃になりました。

紫陽花

 

今回は6歳から7歳の小児の口腔内の特徴をお話ししていきたいと思います。
小学校入学前後あたりから第一大臼歯と言われる6歳臼歯の萌出や前歯の乳歯が抜けて永久歯に生え代わる時期となります。
その頃から顎の発育が大きくなると共に歯列弓(歯並びのアーチ)の成長変化が見られます。
発育や歯の萌出時期には個人差がありますが、例えば顎が小さく萌出する永久歯が大きい、乳歯が抜けず永久歯が後ろから生えてくる、そう言った場合の異所萌出には注意しなくてはいけません。

また萌出した第一大臼歯(6歳臼歯)は虫歯への予防がすごく大事です。年長さんあたりから、食べる事や洋服の着替えなど自分で出来る様になり間食の種類も増えてくると思います。歯ブラシも自分で磨ける様になりますが、親御さんの仕上げ磨きは欠かせません。歯と歯の間を磨くフロスや第一大臼歯(6歳臼歯)への歯ブラシは意識してあげて下さい。

フロス

 

第一大臼歯(6歳臼歯)の仕上げ磨きの歯ブラシは大きいヘッドより『小さいヘッド』の方が届きやすく『寝かせ磨き』が磨きやすいと思います。

 

寝かせ磨き
それと新しく萌出してした永久歯に高濃度のフッ素塗布は効果的です。萌出途中の第一大臼歯(6歳臼歯)は虫歯に対しての抵抗力が弱い為、定期的な歯科受診でフッ素塗布をお勧めします。

フッ素

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

contact.png
contact_sp.png