2021.09.25更新

歯と歯の間が空いている、いわゆるすきっ歯のなかでも、前歯のすきっ歯のことを正中離開といいます。

正中離開を治す方法としては、矯正治療かかぶせもの治療がまず考えられます。

しかし、これらの方法は、時間や費用が掛かりますし、かぶせものの場合は、歯を削る必要も出てきます。

これ以外の方法として、歯を削ることなく、かつ保険診療の範囲でも治せる方法があります。

コンポジットレジン(CR)という材料を直接歯に盛り付けていき、歯の形態や色を再現していく方法です。

 

(before)

ビフォー

 

(after)

after

ただし、欠点として

・かみ合わせによっては詰めたものが、外れたり欠けたりすることがある、

・時間とともに、着色したり変色することがある

などがあります。

また、元の歯が強く変色していたり、大きな虫歯がある場合、適応できない場合もあります。

気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

2021.09.06更新

 

8月もあっという間に終わり、最近は少し肌寒い日が続いておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

コロナがまだ猛威を振るっている中、自粛や手洗いうがい、ワクチンの接種など様々な感染症対策をされている方が多くいらっしゃると思います。

 

当院でも引き続き感染症予防対策を徹底して参りますので、ご来院される患者様にはご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

ご来院された際には消毒、検温のご協力をお願いしております。

、

 

 

受付では飛沫感染防止のためビニールカーテンを設置しております。

、

 

 

定期的に待合室(ドアノブやイス等)の消毒作業をおこなっております。

、

 

 

待合室でお待ちいただく間、必ずマスクの着用をお願いいたします。

 

常時院内の換気をおこなっております。

 

 

皆さまに安心してご来院いただけるよう、コロナの一日でも早い終息を願って今後ともスタッフ一同感染症対策に取り組んで参ります。

 

このような状況ではございますが、皆さまも無理せずご自愛くださいませ。

2021.09.06更新

 

8月もあっという間に終わり、最近は少し肌寒い日が続いておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

コロナがまだ猛威を振るっている中、自粛や手洗いうがい、ワクチンの接種など様々な感染症対策をされている方が多くいらっしゃると思います。

 

当院でも引き続き感染症予防対策を徹底して参りますので、ご来院される患者様にはご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

ご来院された際には消毒、検温のご協力をお願いしております。

、

 

 

受付では飛沫感染防止のためビニールカーテンを設置しております。

、

 

 

定期的に待合室(ドアノブやイス等)の消毒作業をおこなっております。

、

 

 

待合室でお待ちいただく間、必ずマスクの着用をお願いいたします。

 

常時院内の換気をおこなっております。

 

 

皆さまに安心してご来院いただけるよう、コロナの一日でも早い終息を願って今後ともスタッフ一同感染症対策に取り組んで参ります。

 

このような状況ではございますが、皆さまも無理せずご自愛くださいませ。

entryの検索

カテゴリ

contact.png
contact_sp.png