2020.05.25更新


新型コロナウイルス感染防止対策によりステイホームが続いておりますが、皆さん体調には十分気をつけて下さいね。

 

健康


さて、ステイホームが長くなると食生活に乱れが生じ、間食がつい多くなってしまう事はありませんか?
特に小学生や中学生の学生さんはお家にいる時間が長いので、当てはまりはしませんか?
間食をしたとしてもその後、歯ブラシをしっかりすれば虫歯は予防出来ると思います。

歯ブラシ


子供の乳歯は、約3歳で20本の乳歯列が完成されます。
そして大人の永久歯は、約6歳で下の前歯あるいは6歳臼歯が萌出し始め、約12歳で12歳臼歯が萌出し始めます。
乳歯の特徴として、エナメル質や象牙質の厚さは永久歯と比較して1/2と薄く、硬度も低い。
永久歯の生えたては幼若で人体で1番硬いエナメル質の石灰化が不完全な状態です。萌出後は唾液中のカルシウムやリンを取り込んで成熟していきます。さらに小窩裂溝(咬合面の溝)が複雑に入り組んでいるんです。
中学生頃までは虫歯になりやすい状態。

虫歯

食べる量(甘い物など)や間食する間隔が短いと乳歯や幼若永久歯は虫歯になりやすいので、十分注意が必要です。
あとは歯医者さんで定期的な検診(フッ素塗布)と正しい歯ブラシの方法を身に付け、いつまでも健康でキレイな歯でいきましょう。

ピカピカ

 

 

 

2020.05.11更新

今般の新型コロナウイルス感染防止として

待合室での患者同士での接触を避けるため、

 

1.お付き添いの方は、ご一緒に診療室にお入り頂くか、お車でお越しの場合はご自身のお車でお待ちいただきますようお願い致します。

 

2.診療にお呼びするまでのお時間、ご希望の方は、ご自身のお車で待機していただくことも可能です。その際は、お手数ですが、受付に一言お言付けをお願い致します。

 

なにとぞご理解・ご協力のほどを宜しくお願い致します。

 

また新型コロナウィルスの感染対策に関して特設ページにて掲載しております。

 

 

2020.05.07更新

こんにちは

新型コロナウイルスの影響で心配な日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 


手洗いうがいに加えてお口の中もしっかり清潔に保ち健康を維持していきましょう(^^)

さて今日はお家にいる時間も多くなるこの時期だからこそセルフケアについてお話したいと思います(^-^)!

 


まず、お口の中には虫歯菌や歯周病菌などさまざまな細菌達が常在しているのを知っていますか?

常にお口の中には何百種類もの細菌がいて、

お口のケアを怠ってしまうとその細菌達が増殖し、虫歯や歯周病など様々な病気になりやすくなってしまうんです。

 歯


例えば、日本人の死因上位にある「肺炎」は、お口の中の細菌が主な原因の"誤嚥性肺炎"がほとんどを占めると言われています。

お口は身体の入口なので、入口が不潔な状態だと全身にまで影響が及んでしまうんですね。皆さん全身の健康のためにもお口の中は清潔に保ちましょう!

 歯


おうちで出来るセルフケアはやはり歯磨き!

自分にあった歯ブラシや補助道具を使って正しい歯磨きを心がけましょう

歯磨きのほかにも【⠀舌磨き⠀】というものをご存知ですか?

舌には舌苔と呼ばれる汚れが実は多く付着しているのです。

その汚れは細菌や食べカス、粘膜の剥がれた上皮などで構成されており、ガーゼや舌専用の舌ブラシなどで簡単に落とすことが出来ます!

 


使用方法としましては

舌の奥から手前に汚れを掻き出すようなイメージ。

歯

 


舌磨きも合わせて行うことでお口の中の細菌数を減らすと共に口臭予防にもなります

当院でも舌ブラシの販売もしているので皆さんも歯だけでなく舌も綺麗に磨いて自分自身の健康を保ちましょう!

contact.png
contact_sp.png