2019.11.18更新

こんにちはni

本格的に寒くなってきましたが、体調など崩されてないでしょうか?

手洗い、うがい等して、風邪を予防していきましょう!

お口の中もしっかりお手入れして、虫歯や歯周病予防していきましょうglitter

歯ブラシや歯と歯の間をお掃除するフロスや歯間ブラシ等…ホームケア用品は色々あります。

 

ご自身に合ったものを選択して予防していきましょう。

 

今日は、スーパーフロスというフロスをご紹介します。

ブリッジ治療をした歯のお掃除は、なかなか難しいと思いますnamida

ブリッジ

スーパーフロスは、歯が無い被せ物のダミーの部分のお掃除に使います。

通常のフロスとは異なり、既にカットされた状態です!

フロスの両端が細く作られていて中央の部分がフワフワのスポンジのようになっているのが特徴です。

細い端の部分から、フロスを通して中央のスポンジの部分でブリッジのダミーの被せ物の部分をお掃除します。

慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、沢山汚れが取れて、とてもスッキリしますよihi

スーパーフロス

当院でも販売してますので、気になる方はお気軽にお尋ね下さいo(^▽^)o

2019.11.05更新

立冬も近づき冷気も深まる今日この頃、お元気でお過ごしでしょうか。

 

ちば歯科診療室の向かいには新しくスケートボードパークも開設されスポーツの秋を楽しんでいる方々も多いのではないでしょうか。

 

このブログでも何度かマウスピースについてはとりあげてきており、噛み合わせの問題で来院される患者さんも多くいらっしゃいます。
噛み合わせの問題でよく話題になるのはブラキシズムといわれる夜間の歯ぎしりが有名ですが、それだけじゃなく普段日常でも気を付けておいて欲しいことがあるので今回紹介させていただきます。

 

TCHという言葉は聞いたことあるでしょうか。
Tooth Contacting Habit(歯列接触癖)といわれるものです。

tch

ここで問題ですが、私たちの上下の歯が接触する時間は一日にどれくらいでしょうか。

stopwatch

 

実は意外と短く、食事の時間も入れても1日に計15~20分間と言われています。

 


リラックスした状態だと唇が閉じている時でも、上下の歯は数㎜のすき間があるのが正常な状態です。
それが仕事や家事に熱中している時、緊張している時、悔しい時などの場合「気が付くと上の歯と下の歯がくっついていた」状態になります。
包丁で千切りをしているときやテニスやゴルフをしているときなどを思い浮かべてみてください。
顎が痛くなったことがある人は、ついつい噛みしめてしまっているのではないでしょうか。

cocking

これを予防するには「唇を閉じ、上下の歯を離し、顔の筋肉の力を抜く。」ということを心がけてください。
食事の時以外は歯が接触しないように徹底的に注意してみましょう。
また、せんべいやフランスパン、するめなど硬い食べ物を食べすぎてはいないかなどもチェックしてみてください。

 

beef

 

歯科医師 田中

contact.png
contact_sp.png