2017.12.20更新

初めまして。

10月より縁あって、ちば歯科診療室で勤務しております歯科医師の田中です。

出身は広島で、以前は大学病院で勤務し、歯科麻酔科や歯科放射線科などで研修を受けました。

気持ちよく通院していただけるように、心配りを忘れずに丁寧な診療を心がけていきたいと思います。

宜しくお願い致します。

 

さて、みなさんは歯医者さんに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。

痛い・怖い・嫌い

といったネガティブなイメージをお持ちの方も少なくないかと思います。

 

痛いから歯医者に行きたくないといった話を聞くこともよくあります。

痛みというのは本来身体を守るために必要な機構ではありますが、それが強すぎるとストレスになってしまいます。

お口周りは感覚が敏感なことからもわかるように神経が多く、痛みも感じやすい部位ではあります。

 

当院では強い痛みが予想される歯科治療を行う際には、しっかりと時間を割いて局所麻酔を行っております。

歯医者さんで麻酔と言うと痛い注射のことを思い出すかもしれませんが

いきなりブスっと麻酔の注射をするのではなく、まず塗る麻酔をして針を刺すときの痛みを減らしてから注射をします。

表面麻酔

麻酔薬が浸透して効果が出るのを待ってから、注射も痛みの出にくい個所から何回かに分けて行い治療をしていきます。

注射したのがわからなかったというくらい痛みを感じない方もいらっしゃいます。

 

少しでも痛くないようにストレスフリーで治療を受けられるように工夫しておりますので、いままで歯医者は痛いから行きたくないと思っていた方もぜひいらして下さい。

 

痛みを軽減してくれる便利な麻酔ではありますが、いくつか注意事項もあります。

特に注意して欲しいことは、麻酔をした後は感覚も鈍くなっているためご飲食はきちんと麻酔が切れてからということです。

ご不便をお掛け致しますが、麻酔が効いたままでお食事をされると口元からこぼれたり、間違って噛んだりして傷になってしまいます。

また温かいもので火傷してしまう恐れもあります。

 

他には、麻酔は強い痛みが出ているときや腫れているときには麻酔が効きづらいということです。

「虫歯があるけどまだ我慢できるし、歯医者は怖いからいいや」

などと先延ばしにするのではなく、お早めに健診や治療に来ていただくことをお勧めします。

ご来院お待ちしております。

 

歯科医師 田中

2017.12.05更新

、

 

すごくわかりづらいですが、愛犬の歯磨きしてるところを撮ってみました !

最初の歯ブラシは嫌がってましたが、何回かやるうちにおとなしくさせてくれました

犬の歯石は人間に比べると早くついてしまって気づかないうちに硬くなってこびりつくと厄介なので、定期的に磨いていきたいと思います✦ฺ︎

犬には歯磨き粉は必要ありませんが、人間の方は歯磨き粉を使ってちゃんとお口の中を清潔にして虫歯と、歯周病には気をつけましょう(^-^)/

 

 

 

contact.png
contact_sp.png