2017.11.14更新

入れ歯でお悩みの方は多いのではないでしょうか。

 

「作ったはいいけど痛くて噛めないです・・・」

「何回も調整してもらっているけど合わないんです・・・」

 

そのような声をたくさん聴きます。

もちろん入れ歯をお使いの方が皆さんそうではありません。

ただお口の中も個人差があり、入れ歯を支えてくれる歯の本数や歯肉・顎堤の状況によりなかなかうまくいかないことも多々あります。

 

これから紹介する患者さんも入れ歯で悩まれて当院にいらした方です。

初診時の口腔内はだいぶ歯周病が進んでおり、歯肉は赤く腫れあがり、グラグラと揺れる歯がたくさんありました。

腫れた歯肉を入れ歯が圧迫することで痛みがあったのです。

鬮ッ蜈キ・ス・サ髫エ蠑ア繝サ繝サ・ス繝サ・ィ郢晢スサ繝サ・コ

下顎の歯はすべて歯周病により保存する事が出来ず、すべての歯を抜歯せざるを得ない状況でした。

そうなると下顎は総入れ歯になってしまいます。

患者さんは上顎に大きめの入れ歯が入っており、通常の入れ歯での治療に悩まれていました。

下顎の総入れ歯は、入れ歯を支えてくれるところがなく、安定がとても悪いのです。

 

そこでインプラントを2本下顎に埋め込み、そこに入れ歯を取り付けるインプラントオーバーデンチャー(IOD)という方法で治療することとなりました。

抜歯をして歯肉の治りを十分に待ち、その間は一時的に総入れ歯を使用してもらいました。

抜歯後

今となっては、「この頃が一番大変でしたよ」と患者さんは笑って話してくれています。

術後の下顎はこんな感じになります。

術後

上顎は歯周病治療を行い、一本も抜歯はしていません。

患者さんはとても意識が高く、初診時あれだけ腫れてた上顎の歯肉もとてもきれいになっています。

治療が終了時の口腔内はこんな感じです。

完成

今はとてもよく噛めるようになったと喜んでくれています。

この症例ではインプラントオーバーデンチャーによる治療を選択しましたが、治療方法はいくつかあります。

もし入れ歯で悩まれている方がいらっしゃれば一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

歯科医師 木村

contact.png
contact_sp.png