2016.05.31更新

”歯周病″って聞いたことありますか?

歯周病は歯の周りの骨が溶け、最終的には歯が抜けてしまう病気です。

silent disease(沈黙の病気)とも言われ、症状のないまま病状が進行してしまう怖い病気です。

歯茎の痛みや歯の揺れが出てご自身で気づくころには重症になっていることが多いのです。

ではその原因はなんでしょうか。

歯周病の原因は歯の表面、また歯の根の深くにこびりついている歯石が原因です。

歯石はプラークと唾液と血液からつくられます。歯石は歯周病原細菌の住みかとなり、歯石が付くと歯周病が悪化しやすくなります。

ご自身のお口の中を鏡で見たことがありますか?

歯茎が赤く腫れていませんか?

歯ブラシをするとよく出血しませんか?

 

歯ブラシの時によく右上の歯茎から出血するということを主訴に来院された患者様です。

歯周病

歯茎が赤く腫れあがり歯石がたくさんついているのがわかります。

 

歯周病 

歯周病治療をした後です。

歯茎の赤黒さが消え、引き締まっているのがわかります。歯ブラシ時の出血もなくなりました。

歯が健康でも歯が抜けてしまうのが歯周病です。手遅れになる前に一度検査されてみてはいかがでしょうか。

 

2016.05.31更新

”歯周病″って聞いたことありますか?

歯周病は歯の周りの骨が溶け、最終的には歯が抜けてしまう病気です。

silent disease(沈黙の病気)とも言われ、症状のないまま病状が進行してしまう怖い病気です。

歯茎の痛みや歯の揺れが出てご自身で気づくころには重症になっていることが多いのです。

ではその原因はなんでしょうか。

歯周病の原因は歯の表面、また歯の根の深くにこびりついている歯石が原因です。

歯石はプラークと唾液と血液からつくられます。歯石は歯周病原細菌の住みかとなり、歯石が付くと歯周病が悪化しやすくなります。

ご自身のお口の中を鏡で見たことがありますか?

歯茎が赤く腫れていませんか?

歯ブラシをするとよく出血しませんか?

 

歯ブラシの時によく右上の歯茎から出血するということを主訴に来院された患者様です。

歯周病

歯茎が赤く腫れあがり歯石がたくさんついているのがわかります。

 

歯周病 

歯周病治療をした後です。

歯茎の赤黒さが消え、引き締まっているのがわかります。歯ブラシ時の出血もなくなりました。

歯が健康でも歯が抜けてしまうのが歯周病です。手遅れになる前に一度検査されてみてはいかがでしょうか。

 

2016.05.16更新

先日20代の患者さんのインプラント治療が終了しました。

 

数か月前、かぶせものが入っていた歯が割れてしまい、やむをえず抜歯となりました。

抜歯した後、どのような方法で治療するか決める際、患者さんは迷わずインプラント治療を選ばれました。

「健康な歯をけずりたくない、かつ、この先もずっと自分の歯のように咬みたい」との理由でした。

 

before(前から5番目の歯が抜歯となりました)

 ビフォー

 

after

アフター

一般的に、歯を失ってしまった場合の方法にはインプラント、ブリッジ、入れ歯の3つの方法があります。

インプラントは外科処置が必要であったり、治療期間が長くなる点、そして自由診療であるという点で敬遠されることも多いです。

しかし、その中でインプラントは、ブリッジや入れ歯と違い、歯を削ったり、バネをかけることで、他の歯へ負担をかけることがない唯一の方法です。

 

治療方法を選択する際は「長期的なお口の健康」を十分に考えたうえで、しっかり検討されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

contact.png
contact_sp.png