2020.09.19更新

 暑さ寒さも彼岸までと申しますように秋を告げる風を感じる頃となりました。
日ごとに秋めいていくこの頃ですが夏のお疲れは出ていませんか?

この度、当院に新しく歯科用吸引装置(口腔外バキューム) Free-100miniが導入されました。
100

 

 

歯科治療は水や空気を出して削ったりすることがあるため、血液や唾液中の微生物を含んだバクテリアルエアロゾル診療室に飛散しています。飛沫turbine


口腔外バキュームの使用は、このようなエアロゾルや切削粉塵の飛散を低減させます。

当院ではPPEの使用、口腔外バキュームの使用、適切な空調設備の診療室への設置など感染症対策に取り組んでいます。

 

感染

2020.09.07更新

こんにちは!9月に入りましたがまだまだ暑い日が続いてますね。

さて今回は仕上げ磨きに役立つチェックアップジェルについてお話しさせて頂きたいと思います!

チェックアップジェルはフッ化物高濃度配合のケア用ジェルで、再石灰化を促進し虫歯の発生・進行を予防することが出来ます。

そして低発砲・低香味・研磨剤無配合なので少ない泡立ちで隅々まで広がり少量洗口で済ませられるので、お口の中にフッ素を長く留めておく事が出来ます。

 

 

そんな仕上げ磨きにぴったりなチェックアップジェルはライフステージに合わせいくつか種類があるので幅広い年代の方が使えます!


プラスワンのデンタルケアを取り入れてお口の中を健康に保って下さいね!

 

 

2020.08.24更新

 

マウスピース矯正について、皆さんご存じでしょうか?

従来の矯正治療というと、ワイヤーを歯の表面に装着し、治療期間も数年かかるイメージがあるのではないでしょうか?

当院で行っている「Smile TRU」というマウスピース矯正のシステムは、従来の矯正に比べ、

・自然で矯正しているか、見た目でわからない。

・痛みが少ない

・歯磨きや食事の際、取り外せる。

・むし歯や歯周病になりずらい。

・発音にも支障ない。

・費用を抑えられる。

などの利点があります。

以下に当院の症例をご紹介します。

 

術前

 術前正面術前咬合面

 

 

術後

術後正面術後咬合面

新型コロナの影響で、一時治療の中断を余儀なくされましたが、治療期間は約8か月です。

 

 

マウスピース矯正にご興味ある方は是非お気軽にお問い合わせください。

2020.08.02更新

 

こんにちはnote

 

今日から梅雨明けで、

これから暑い日が続きそうですね。

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さいね。

 

 

さて、数ヶ月前から受付で販売されている

オーラルケア商品の品数がパワーアップ!glitter

 

さらに患者様に合わせた歯ブラシや歯磨き粉を

オススメ出来るようになっています(^^)

 

「衛生士さんにオススメされた」

と嬉しそうに買って帰られ、

次来た時に「本当に良かった!」と

リピートしていかれる方が大変多くいらっしゃいます。

 

検診やクリーニングの時は

衛生士さんがその場で綺麗にしてくれるだけでなく

おうちでのセルフケアの方法を

アドバイスしてくれます。

 

お困りごとがあれば気軽に相談してみて下さいね!

 

 

前回の記事でも紹介した

コンクールマウスウォッシュ(画像左)は

2019年のアットコスメのマウスウォッシュ、スプレー部門で

第一位を獲得しています。

 

コンクール

 

コンクール

 

また、右のジェルコートも

その他オーラルケア部門第一位です!

 

コンクール

 

アットコスメといえば、美容関係の商品の情報サイトで

口コミがとっても参考になりますよねflower2

 

女性の皆様は、よく見る方も

多いのではないでしょうか?

 

当院でも人気の商品になってます!

 

 

気になる方がいれば

是非お声掛けくださいませtoothribbon

2020.07.13更新

じっとり汗ばむ季節となりましたが、みなさま体調のほうはいかがでしょうか。
少しずつ新しい生活様式に対応した日常に慣れて始めてきてはいますか。
手洗いやうがいの重要性を改め実感した方も多いのではないでしょうか。

ぶくぶく

今回、歯科医院で用いられる洗口剤(うがい薬)の違いについてお話したいと思います。

うがい薬
似たような見た目のものがあり、いろいろと種類も多いのでどれがいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。

当院で使用しているコンクールFとネオステリングリーンの違いについて簡単に説明したいと思います。

コンクール
コンクール:ムシ歯の発生および進行の予防、歯肉炎の予防、歯槽膿漏の予防、口臭の防止。

ネオステリン

ネオステリン:陽イオン界面活性剤で、芽胞のない細菌、カビ類に抗菌性を示し、洗浄作用もある。通常、口腔内の消毒、抜歯創の感染予防に用いられる。

 

いろいろと細かい違いはありますが、大きな違いはコンクールは歯の周りについている細菌によく効いてくれるのに対してネオステリンは主に粘膜に対する作用が主になってきます。またコンクールはアルコールを含んでいたり、主要成分のグルコン酸クロルヘキシジンで過去にアレルギーが起きた事例が報告されているため、体質によっては使用を避けることがあるといったこともあります。

他には殺菌作用などはありませんがお口の中の粘膜や舌などの腫れや痛みなど炎症症状を抑えてくれるアズノールといわれるうがい薬などもあります。

またうがい薬を使用する際には注意点があります。しっかりうがい薬を効かせるためには歯磨きも大切という点です。

bad

お口の中の歯垢をブラッシングして落としてから使用してもらうのが効果的です。

clean

お口の中の細菌はバイオフィルムと呼ばれるネバネバした膜を作っておりその膜が薬の浸透を妨げてしまうため効果が出にくいということです。


キッチンやお風呂場等の水回りをイメージしてもらえばわかりやすいと思うのですがぬるぬるとしてしまったところに洗剤をかけたり水を流したりするだけではあまり綺麗にならないというのと同じことです。

sink

しっかり擦り取ってあげることが重要になります。

 

2020.06.29更新

こんにちは。

ムシムシする日が続いていますが、体調はいかがですか?

マスクをしていると、水分補給を忘れがちですが、熱中症にならないようお気をつけくださいね。

 

さて、本日はジェルタイプの歯磨き粉を紹介しようと思います。

当院でも今年の春頃から販売しています。SPーTジェル

SPーTジェルです。

 

特徴として…

 

・粘性の高いジェルタイプ

(歯肉や歯周ポケットに薬用成分が長くとどまります。)

・研磨剤無配合

(弱ってきた部位をやさしく、じっくりみがける)


・薬用成分を配合。歯周病を防ぎます。
(歯肉の炎症や出血を防御)

・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)配合

(バイオフィルムの内部まで浸透・殺菌)

・高濃度フッ素配合

(再石灰化を促進し、ムシ歯の発生と進行を防ぐことができます。)



6歳未満のお子様がいる方は、お子様の手の届かない所の保管をお願いします(^^)

 

当院で販売しているので、気になる方はお声掛けくださいね。

 

 

 

2020.06.18更新

こんにちは、歯科医師の千葉です。

 

今回は永久歯への生え変わりについてです。

おおよそ、6歳前後より、歯が生え変わり始めます。

ほとんどが、6歳臼歯と呼ばれる第一大臼歯が乳歯列の奥から生えてくるか、下の前歯が生え変わるかのどちらかから始まります。

 

 

生え変わりの始まりには、個人差がありますから、1,2年ほど誤差があっても問題ありません。

 

ただし、乳歯がまだ抜けていない状態で、永久歯が生えてくるなど、交換がうまくいかない場合や、抜けそうな乳歯の周りの歯茎が赤く腫れてしまう場合があります。

 

このような時は、どうぞご相談ください。

 

 

 

 

ちなみに、先日、もうすぐ6歳になる私の息子も、初めて乳歯が抜けました。

 

息子

2020.05.25更新


新型コロナウイルス感染防止対策によりステイホームが続いておりますが、皆さん体調には十分気をつけて下さいね。

 

健康


さて、ステイホームが長くなると食生活に乱れが生じ、間食がつい多くなってしまう事はありませんか?
特に小学生や中学生の学生さんはお家にいる時間が長いので、当てはまりはしませんか?
間食をしたとしてもその後、歯ブラシをしっかりすれば虫歯は予防出来ると思います。

歯ブラシ


子供の乳歯は、約3歳で20本の乳歯列が完成されます。
そして大人の永久歯は、約6歳で下の前歯あるいは6歳臼歯が萌出し始め、約12歳で12歳臼歯が萌出し始めます。
乳歯の特徴として、エナメル質や象牙質の厚さは永久歯と比較して1/2と薄く、硬度も低い。
永久歯の生えたては幼若で人体で1番硬いエナメル質の石灰化が不完全な状態です。萌出後は唾液中のカルシウムやリンを取り込んで成熟していきます。さらに小窩裂溝(咬合面の溝)が複雑に入り組んでいるんです。
中学生頃までは虫歯になりやすい状態。

虫歯

食べる量(甘い物など)や間食する間隔が短いと乳歯や幼若永久歯は虫歯になりやすいので、十分注意が必要です。
あとは歯医者さんで定期的な検診(フッ素塗布)と正しい歯ブラシの方法を身に付け、いつまでも健康でキレイな歯でいきましょう。

ピカピカ

 

 

 

2020.05.11更新

今般の新型コロナウイルス感染防止として

待合室での患者同士での接触を避けるため、

 

1.お付き添いの方は、ご一緒に診療室にお入り頂くか、お車でお越しの場合はご自身のお車でお待ちいただきますようお願い致します。

 

2.診療にお呼びするまでのお時間、ご希望の方は、ご自身のお車で待機していただくことも可能です。その際は、お手数ですが、受付に一言お言付けをお願い致します。

 

なにとぞご理解・ご協力のほどを宜しくお願い致します。

 

また新型コロナウィルスの感染対策に関して特設ページにて掲載しております。

 

 

2020.05.07更新

こんにちは

新型コロナウイルスの影響で心配な日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 


手洗いうがいに加えてお口の中もしっかり清潔に保ち健康を維持していきましょう(^^)

さて今日はお家にいる時間も多くなるこの時期だからこそセルフケアについてお話したいと思います(^-^)!

 


まず、お口の中には虫歯菌や歯周病菌などさまざまな細菌達が常在しているのを知っていますか?

常にお口の中には何百種類もの細菌がいて、

お口のケアを怠ってしまうとその細菌達が増殖し、虫歯や歯周病など様々な病気になりやすくなってしまうんです。

 歯


例えば、日本人の死因上位にある「肺炎」は、お口の中の細菌が主な原因の"誤嚥性肺炎"がほとんどを占めると言われています。

お口は身体の入口なので、入口が不潔な状態だと全身にまで影響が及んでしまうんですね。皆さん全身の健康のためにもお口の中は清潔に保ちましょう!

 歯


おうちで出来るセルフケアはやはり歯磨き!

自分にあった歯ブラシや補助道具を使って正しい歯磨きを心がけましょう

歯磨きのほかにも【⠀舌磨き⠀】というものをご存知ですか?

舌には舌苔と呼ばれる汚れが実は多く付着しているのです。

その汚れは細菌や食べカス、粘膜の剥がれた上皮などで構成されており、ガーゼや舌専用の舌ブラシなどで簡単に落とすことが出来ます!

 


使用方法としましては

舌の奥から手前に汚れを掻き出すようなイメージ。

歯

 


舌磨きも合わせて行うことでお口の中の細菌数を減らすと共に口臭予防にもなります

当院でも舌ブラシの販売もしているので皆さんも歯だけでなく舌も綺麗に磨いて自分自身の健康を保ちましょう!

前へ
contact.png
contact_sp.png