2021.04.08更新

こんにちは、院長の千葉です。

永久歯は左右7本づつ、上下合わせて28本あります。(親知らずを含めると32本)

一般的には、中学1年生前後で乳歯はすべて永久歯に生え変わります。

しかし、まれに、2番目もしくは5番目の歯が生まれつき、生えてこない方がいます。

 

実際のケースです。

20代の方で左下5番目の歯がなく、残っていた乳歯がグラつくとのことでした。(レントゲン画像の黄色矢印の歯)
術前レントゲン

術前

歯根の半分が吸収しており、ほぼ歯肉にくっついているだけの状態でした。

これ以上、残すことはできませんので、抜歯後の対応を考えます。

オペ前

20代という年齢を考えれば、入れ歯の選択はあまり考えられないので、ブリッジかインプラントとなります。

どちらも固定式の歯が入るため、自分の歯のように咬むことができますが、

ブリッジの場合は健康な前後の歯を削らなければなりません。

ですので、患者さんのこれから先のお口の健康を考えると、他の歯を削らず、負担をかけないインプラントが第一選択になると考えられます。

術後

 

術後レントゲン(治療後レントゲン)

 

同様なことでお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

contact.png
contact_sp.png