2018.07.24更新

お口の中の清掃と言えば、歯を磨く事と思いますが、実は舌の清掃も重要なんですよ!!

舌には味覚や咀嚼、嚥下、発音と重要な作用を行う器官です。
舌をよく観察すると、舌乳頭という多数の小さいつぶつぶした突起があります。舌表面の舌乳頭に口腔内細菌とその代謝物、剥離した上皮、食物残渣なとが付着して舌が白くみえるのが、舌苔(ぜったい)と言われる苔状の物です。

舌苔
自覚症状はないので、気付かないうちに舌苔の厚みどんどん増すと口臭や味覚障害、不快感につながります。
どうして舌苔がついてしまうか?
色々要因はありますが、免疫力の低下や喫煙、口腔乾燥、唾液の分泌量、服薬の影響などがあります。
舌を磨く時は専用の舌ブラシがありますが、歯ブラシでも応用できますので、軽くなでるように舌苔を除去していきます。

最初は慣れないかもしれませんが、今日から舌の清掃もやってみてくださいね。

分からない事があれば千葉歯科スタッフまで!!

 

contact.png
contact_sp.png