審美歯科

気軽にできるホワイトニングから、
きれいな状態を長く保つセラミックまで。
口元を美しくすることで、素敵な笑顔と自信を手に入れませんか。

ホワイトニング

当院では、ご自宅で時間のあるときに気軽に実施して頂けるホームホワイトニングを扱っており、白くなった歯も長持ちしやすいと評判です。歯をきれいにすることで、歯への意識が高まり、歯の健康維持にも繋がります。「歯を白くきれいにする」ということに少しでも興味をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

白い詰め物、白い被せ物

歯を削った後に詰めたり被せたりするものには、様々な素材の種類があり、当院では比較表や実物をお見せしながらそれぞれのメリットとデメリットを説明させて頂くようにしています。近年は、白くてきれいに仕上がり、耐久性もある「ジルコニア」が人気です。ただし、最先端の治療が全ての患者さんにとって最良の治療とは限りませんので、お口の中の状況やご希望などを考慮して、納得のいくものをお選び頂けるようにしています。

詰め物や被せ物に使われる素材の種類

パラジウム合金(保険診療)

「銀歯」と呼ばれるもので、劣化すると銀歯と歯の間に細菌が入り込んで虫歯が再発する原因になることもあります。
見た目:×
耐久性:○

ハイブリッド

合金の表面にプラスチックを貼りつけたもので、見た目は白くなりますが透明感に欠け、長期間の使用で変色することもあります。
見た目:△
耐久性:△

オールセラミックス

セラミックのみでできており、強度があり変色もしません。
見た目:△
耐久性:○

メタルセラミック

金属の表面にセラミックを貼りつけたもので、かなり耐久性が強くなります。
見た目:○
耐久性:◎

ジルコニア

人工ダイヤモンドと言われるくらいの強度を持っており、仕上がりもかなりきれいになります。
見た目:◎
耐久性:◎

できるだけ長く使って頂くための取り組み

せっかくきれいな詰め物や被せ物を入れても、長持ちしなければ意味がありません。当院では短期的に見た目を良くするだけでなく、できるだけ長く良い状態を保って頂くために、「プロビ」と呼ばれる仮の歯を最初に作り、その歯をお口の中に装着して、歯茎になじませながら歯の形や色合いを細かく決めていくようにしています。いきなり作ってはめ込むのではなく一つ多く手順を踏むことで、きれいで美しく、さらに長持ちするものをお作りすることができるようになります。また、治療時には拡大鏡を使って細かいところまでチェックをする、型取りや石膏にも良い素材を作りできるだけ精密な型を作る、技工士立ち会いの元で細かい調整を行う、歯周病ケアなど歯の土台づくりからしっかりと行うなど、できるだけ精度の高い治療をするための様々な取り組みを採用しています。

歯茎の黒ずみを除去するガムピーリング

せっかく歯が白くなっても、歯茎が黒ずんでいては台無しです。口元の印象は歯の白さと歯茎のきれいなピンク色の調和が大事です。タバコのヤニ、体質、治療した銀歯など、様々な原因で歯茎が黒ずんでしまうことがありますので、時々古い色素と一緒に表皮を剥がすガムピーリングを受けてみてはいかがでしょうか。

contact.png
contact_sp.png